どっちもやればいいだけなのに・・・


現場。
一階の床の断熱工事をしています。夏場の現場なら床を貫通する給排水工事などが終了する完成間近に施工していますが、冬場の工事では出来たばかりの基礎のコンクリートから出る大量の水分(新築からおよそ2年間は基礎コンクリートから養生水分が水蒸気として出続けると言われています)が一階床の合板の裏にビッシリついて霜になり大変な事になるので先に断熱工事を行います。そうすることで、出たコンクリートの水分は断熱材を受けるビニールネットに付着するだけなので、あとは床下の通風を良くして乾けば問題なしということです。


こんな感じで床断熱材は入ります。
エボホームの断熱方法は基礎にも断熱をした上で床断熱も施工します。夏場は基礎の換気口を開け床下の通風を十分に確保し、冬場は換気口を締めることで基礎断熱と床断熱のダブルの断熱で完璧という事です。普通の家は基礎断熱か床断熱かのどちらかを施工していて、その事が業界においてはどっちが良いかの論争が起きています。そんなの両方やれば良いだけなのに(笑)

 


作業場は絶賛木材加工中。
三角屋根の壁の写真です。平らな屋根がトレンドの今じゃ工務店も逃げ出す45度勾配です。なので良い子の皆さんはお願いしちゃだめですよ。
最近は工場を持たないビルダーも多く、どうやって木材加工しているかと言うとこれがもう大変で、

この続きはブログ会員限定です。

会員登録すると続きが読めます。登録は簡単!

 ブログ会員

まだ会員になっていない方はこちら
新規登録
すでに会員の方はこちら
ログイン

コメントを残す

エボホームオオヒラ

大平おおひら 邦夫くにお

このブログは、見る人によってはとてもつまらないとは思いますが、理想のマイホームを建てようかな??なんて考えている方に少しは役にたつかも知れません。 お読みいただき少しでも親近感を持っていただければ、それだけで幸いです。

プロフィール 
最近のコメント
友達の友達は友達か?
01/14 エボホーム new
01/14 次女 new
01/14 エボホーム new
01/13 次女
だれんだー?
01/07 エボホーム
01/07 りなたむ
01/05 エボホーム
01/05 次女
今年最後のお言葉。
01/01 エボホーム
01/01 フジデス
01/01 エボホーム
12/31 伊守です
変態じじい
12/23 エボホーム
12/22 KaZ
ピザうま。
12/15 エボホーム
12/15 ホーモホーモの私
養生テープ
12/15 エボホーム
12/15 伊守です
電車に乗った。
12/13 エボホーム
12/12 りなたむ
エボホーム引っ越し。
12/10 エボホーム
12/10 りなたむ
12/10 エボホーム
12/09 りなたむ
12/09 エボホーム
12/09 次女
丈夫でかわいい。
11/27 エボホーム
11/27 フジデス
じじいじいぷ。
11/21 エボホーム
11/21 伊守です
過去の日記
PAGETOP