カレンダーからの検索結果

牡蠣の季節。


現場。
もう少しで完成。
かわいい♪

ちなみに格子の入った
トリプルガラスの樹脂サッシは
この
メーカーしかありません。


扉を付けたりストーブの試運転したりとか。
入居前に焚いておかないと
最初一回だけ煙突の塗料が焼けて
室内が真っ白に煙る。



何度見てもうっとりする洗面。





手形。




牡蠣の季節ですね。
フライも蒸しもおいしい。


で、ゲームセンターへ(笑)

丈夫でかわいい。


現場。
あと少し。
キッチンが素敵。
自分で作ったから尚良く見える(笑)


アイアン。
こういうのいちいち建て主さんに
聞かないでもやります。
そこが他と違うのです。




2階トイレの手洗い。
蛇口がかわいい♪


基礎工事現場。
高耐力アンカーボルト。
全棟構造計算し建物の丈夫さを確認して建てている。
するとこんな部材も使う羽目に(笑)


自宅のラウンジがゲームセンターに・・(笑)

 



 

かわいい洗面。


エンジン保護剤マイクロロン。
燃費を向上させ、エンジンの寿命を
飛躍的に向上させます。
一度入れれば数万キロは
入れる必要ありません。
僕も30年以上愛用していますよ。
あ、
来ました!
15年以上見続けているPリーグのDVD
ボウリングは得意じゃないけど
ボウリングの解説なら自信あります(笑)

10年前の自慢の日記(笑)
(なかなか偉そうな事書いてる(笑))



現場で作業しました。
Sandbox風の(笑)
洗面扉付けたりとか。


漆喰をコロコロみたい道具で塗っています。
ローラー漆喰という施工法です。
この作業ほんとマジきついですよ。
自分も壁の作業を
一日手伝ったことがありますが、
3日位腕が上がらなくなりました。

あと少しで完成です。

完成したら見学したいお客さんいるかなぁ。
多分いないよな。








 

今後について。

やっぱジピョンだよなぁ。
小さいころから苦労して今の地位がある。
そして金はあるのに一人ぼっちで寂しい毎日。
ドサンは親に可愛がられて育ったし
幸せになって欲しいのはジピョンだよなぁ。
ダルミの育ての親も祖母(ウォンドク)だし
親に捨てられたジピョンを救ったも祖母だし。
そりゃ、ばあさん一番喜ぶよ。
ドサンは自分の両親を喜ばすべく
ビジネスで成功すればいい。

という見ていない人にはどうでもいい話。

コロナ渦でネットフリックス見ないのは
人生損しているかもなぁ(笑)



貢物。
すんげー大好きだ。


築10年。
来年鉄板屋根の塗り替えをする。
かわいいエントランス。
メールボックスもとてもセンスが良い。
合格(笑)



ということで10年目にして
もったいないが電気温水器を外し
石油ボイラーに交換する。

あ、別に温水器が壊れたわけではありません。
かと言ってエコなんちゃら付けて
2度騙されるほどバカでもありません。

ま、大体高く見積もっても
温水器を石油ボイラーに取り換える工事費と
外に灯油タンクを設置、配管する工事は
全部で50万あればお釣りがくる。

温水器の電気使用料金は
年間約160,000円
(ドリームほにゃらら料金)
給湯に使用する石油料金は
年間約
45,000円
(灯油90円換算)
にプラス年間1,000円~2,000円
ボイラーの運転電気料金
(いずれもエボオーナーさんに聞いた平均値)
このデータはかなり厳しめに見てるんだけど
それでも5年で元取れます。

ただそれだけの話です。



しかし。。
毎日暑い(笑)


さて、寝不足の週末が始まる。。(笑)


 

のどぐろ


次の現場の材料搬入。
これだけで床材のみ
なんか多い(笑)
材料はムレムレのビニール梱包を剥がし
一度バラバラにして桟積みしなおし
乾燥させてから使用する。
材木屋にはホントわがままを
聞いていただき感謝。
出来るだけ精度の良い家を作りたい。
始まりから他と工程が全く異なります。



現場。
基礎ベースの生コン打設(だせつ)
さぶい。


右から
金沢のお酒を富山の能作に注ぎ、
富山のアオリイカ、
そして長野の七味。
日本人で良かったー。


富山大工の廣瀬が送って来た
のどぐろの一夜干し。
袋に値段が貼ったままで
(わざとそうしたらしい(笑))
一匹3,000円と言う高級魚。
北陸の余韻。
又行きたいなー。


写真集を更新

写真集を更新しました。
二世帯住宅追加



こちらから

 

じじいじいぷ。


お陰様で11月15日で創業21年となりました。
借金もせず続けて来れたこと奇跡。
皆様のお陰ですね。
ありがとうございます。

1999年11月にエボホームが誕生しました。
エボ社長として最初に乗った車は
「セルシオ」(笑)
革靴履いてスーツ着て
自分の頭が空っぽな事が
バレないように必死だった。
そこから
ランエボ7、ランエボ9、
ランエボ10、ランエボ10premium、
R35GT-R
と、どんどんバカになり(笑)
ついに次の相棒がやってきました。
Jeepラングラーアンリミテッドサハラ
という名称の車です。
「速い車から強い車」への乗り換えです。
スピードは出ませんが
水深70センチでも楽々走れます。
支払いもGT-Rを売ったお金で
お釣りが来たので
とても得した気分です(笑)

あ、ちなみに歴代の自家用車は
全て自分のお小遣いで買ったものです。
会社のお金で高級車を乗り回すほど
稼ぎ良くないので(笑)



さて、現場の穴掘りが始まりました。


現場が広くて仕事がし易いです。



砂利を入れてカチカチに踏みつけたところです。


漆喰練り作業。
誰もやってくれないので
僕の仕事になっています。
寒い時期、水を触るのは辛いものですね。
で、見た目以上に重労働です。
ヘトヘト。。







 

バカ親子北陸グルメ旅。

11月12日晴

羽田空港で広島の次女と待ち合わせをして
感染者の非常に少ない北陸へ。
新幹線はガラガラ快適♪
ダウンロードして来たiPadの
韓ドラを一緒に見てたら
あっという間ここ。


富山地方鉄道で宇奈月温泉へ。
トロッコ電車に乗る。


車窓。紅葉全開!


こんな感じ。


終点欅平駅。
標高が高くさぶい・・


帰りの電車は屋根付きのが予約できず、
オープンカー。
凍死するかと思った(笑)
電車を降りると温泉の送迎車が来ていて
すぐ近くの温泉宿へ。
部屋の露天風呂に一直線でドボン。
一緒に浸かりながら宇奈月ビールで乾杯。
このビールが恐ろしく旨かった。



食事も部屋で。
次女。来年30だとさ(笑)
普通に仕事して
普通に結婚して
普通に暮らしている。
その「普通」が
親にとっての一番の
親孝行だよ。



北陸では食事にハズレは絶対にない。
もちろん旨くて笑うしかない。

11月13日晴

昨日は暗かったからわかんなかったけど
こんな絶景とは。
次女と露天風呂で絶景見ながら
話すことは韓ドラ話題ばかり(笑)

はたしてドサンか?ジピョンか?(謎)


朝ご飯は部屋でお弁当。
鱒ずし。。いや、旨いしか言葉なし。


近くの魚津市の大工の廣瀬に
ホテルまで迎えに来てもらいチェックアウト。
あっ!
宇奈月ビール工場発見。

早速飲む。
やはり旨い。
黒部の水だもんな。
そりゃそうだよ。

ところが・・

ビールが売れすぎで
ビール工場なのに
売り物のビールが無いという・・・





廣瀬の会社に寄り道。



小さいがセンスの良い事務所。
15年位前、
廣瀬はエボホームに憧れ目指し
頑張ってみたものの、
圧倒的な才能の違い(笑)で
3年ほど前にエボホームになれない事を悟り
今は日本一の大工を目指している。


で、横に建つ工場。
腰抜かす規模。
広角のカメラで納まりません(笑)



工場内は
パネルソーや家具建具を作る設備が揃い
自慢のエボホームの設備を
遥かに超えた充実ぶり。
まんま家具工場です。
こんな工務店の作業場見たこと無いわ。
おまけに従業員無し。
廣瀬一人で使うとは・・


建築途中の瞑想室。
意味が分からん。


きときと寿司に連れてきてもらう。
要は回転ずし。




残念ながら北見のあそことは
全然比較にならない

ここが旨すぎて。



で、あこがれの光岡自動車へ。
ホントはコレ欲しかったんだけど、
発売と同時に完売という・・


いやー。素敵♪


技術の光岡は色んなことをやっている。
ワンボックス長ーーく伸ばして
霊柩車作っているんですと。

その後は富山城跡公園を散策し
廣瀬大工と別れ
新幹線で金沢市へ。



金沢駅にインスタで年間20棟軽々売る
年間50棟の工務店に勤める
28歳のねーちゃんに迎えに来てもらい
夜の金沢を散歩。


おお、綺麗。
前田家ってほんと凄い。
手すりは能登ヒバの香りがした。



庭園もライトアップ。
向こうは多分兼六園。




ともかくこんなワクワクの路地が
あちらこちらにある。



小料理屋で夕飯。
〆の海鮮丼。
ともかくおいしい。


barへ。


次女が飲んだもの。
素敵な飲み物だ。

ここでひょんな縁から知り合った
青年実業家29歳と合流。
この話長くなるから省略。
3年前に偶然出会った時に
僕の言った無責任な言動で人生が・・・

(笑)




で、酔っぱらって来た。
このねーちゃんがインスタで家売る女。
僕の事をシショーって呼ぶ
彼女のblog(笑)
僕は彼女の事をおっぱいって呼んでいる。
何でかわかんないけど・・・



金沢は魚、肉は勿論だけど
洋食が旨いんだよ。
今回いけなかったけど
韓国料理屋もすげえらしい。
このハンバーグ。
もうね・・

笑いが出た。

11月14日晴

と言うことでおっぱいの案内で
兼六園へ。
高卒18歳で最初に就いた仕事が
兼六園のガイドとの事で、
そりゃー詳しいわ。



亀の形の島。


雪吊り。
美しい。


五十間長屋。(ごじっけんながや)
長いーーー。
前田家やるなぁ。。



紅葉は100%の見頃。


普通の車で走れる砂浜。
千里浜なぎさドライブウェイ。

道から少し外れたところで
調子に乗ったと思われる若者たち
ドップリハマっていました。
ま、そんな運転、そんな掘り方じゃ
絶対一生出られないけど頑張れよ。


あ。
今、一番欲しい物発見。



で、〆のお寿司。
うまい、でかい、そして
安すぎ。

驚いた。



東茶屋街をかすめて金沢駅から東京駅へ。
京急で羽田空港近くのホテルに到着。

11月15日晴

早朝7時次女とバイバイして
女満別空港着。

さぶい・・・

あー、楽しかった。








 

夢の扉。。完成。

なんだかんだ理由付けているけど
要は更なるリストラの強化という事でしょう。
新築住宅の市場は縮小の一途を辿るわけで
これからは本物しか残らないと思う。
コロナでサプライチェーンの
脆弱さも浮き彫りになったし、
支店やショールームの閉鎖も相次いでおり
さぁ、どうなるのか。

ま、何でも自社で作ってしまう
エボホームに影響なし(笑)



現場。
タイル職人とタイルの配列を決める
「タイル割り」の作業。
切ったハンパをどっちに寄せるかなど
ただ単に貼るのではなく
こういう所でもセンスが問われる。
写真は薪ストーブの台です。


キッチンもお掃除楽々の
ツルツルピカピカパネルではなく
当然本物のタイルです。


定価15万円のメーカー製の洗面台を
2万5千円で仕入れて
定価15万で売るのではなく
エボ洗面は全部ハンドメード。
タイルはガラスタイルの
かわいいのをを貼ります。

タイルが終わったら
鏡、洗面ボウル、水栓、
扉、引き出し扉
など取り付ける。

儲かるわけがない(笑)



作業場で大工と共に扉の製作。
気の遠くなるような手間暇(笑)


合体。
やっている事はプロの建具屋さんと同じです。


リビングの扉完成。
ペンキを2回塗り、汚れ防止のワックスを塗る。




おまけに表と裏で違う色(笑)


そんなことはどうでもいいとして、
スタートアップ 夢の扉が面白すぎて
配信している全ての8話まで見てしまった。
このドラマの「色使い」が大好きです。
SANDBOXのロゴなんて
エボキッチンの色全部みたい感じだし(笑)
はぁー・・
次の配信まで待ち遠し過ぎる。








 

赤、青、黄色~♪


Revoの鍋達。
色とりどり。
見ているだけでテンションあがる。
ドロップインコンロかわいいね。
魚焼けないけど。


家の周りに砂利敷き。
これもエボ大工の仕事です。



キッチン無事納まる。



次の現場は電気が来ていない。
とりあえず大きな発電機来るまで
この小さい発電機でしのぎます。
オイル無茶汚いぞ。



作業場で建具、家具などを作る。
これもエボ大工の仕事。

昔の大工は土方作業もやるし
そうかと思えば流し台も作ったし
建具も作れたもんだ。
今の大工なんて・・・以下省略。






 

あと2か月。。。


あっという間に事務所のカレンダーも
あと一枚になってしまいました。
早いなぁ・・



たまに食べたくなるこれ。
唐揚げもポテトも家以外なら
北見では一番と勝手に思っています。
ほんと何でこんなにジューシーなんだ。



朝から必死にバスマット作るも
何か働き過ぎで(笑)腱鞘炎か。
痛くて進まないけど・・・

どんどんお客様がやってくる。


その模様。
モイスの粉ってなんぼ吸ってもむせないです。
さすがオーガニック。








 


エボホームオオヒラ有限会社
エボホームオオヒラ有限会社
〒099-1587 北見市豊地22番地23
Tel 0157-66-1110 fax 0157-66-1120
北見市ホームページ制作 スキッパーズ