カレンダーからの検索結果

ゴミ屋敷

脳がゴミ屋敷。。

スマホの依存が様々な脳の問題を起こしているらしい。

情報過多の時代。

例えば家を建てようとする。
昔なら見学会に行く、建てた同僚や友人に評判を聞く
そんな感じだったと思うけど、
更に今の時代は、ネットで評判を調べる他に
工法や断熱や素材や様々な事が上辺だけわかってしまう。

上辺だけ。

そして脳にゴミ情報詰め込んで見学会に行く。
カリスマホストのように饒舌な営業マンが
有ること無い事ゴミ情報を吹き込んでくる。
で、脳の中はさらにゴミ情報でパンク状態。

「一体何が正解かわかんないよー」となる。

こんな状態で最近エボに訪ねてくるお客さんにもいます。
彼らに罪はなく、見てて可哀そうになります。
そこに更に僕の変な意見も吹き込んだら
混乱するのでさらっ説明してこう言います。
「今度お会いするなら他社様を断ってから来てくださいね」
ちょっと乱暴な言い方かもしれませんが、
ゴミ情報で混乱した状態で、いい家は作れないと思うし、
お客様もかわいそうだし、互いに幸せになれないしね。



デブには辛い季節です。
エアコンの風が当たる特等席でこう(笑)


現場。
モイスを貼っています。
一枚30キロ。これを80枚程度貼ります。
大工さんも暑くて大変です。



釘もびっしり打ちます。
まぁ、それにしてもこんなに
高価なものを
家中に使っているエボホームの家って素敵ですよね(笑)



 

ウンコ野郎。。。

土曜の安全大会からの二日酔いのまま
日曜日もやること満載で、
フラフラの三日酔い。。
で、
超早朝より車をすっ飛ばし札幌へ。
紋別自動車道の白滝を過ぎたあたりから、
何故か普通の乗用車に煽られる。
一車線では安全運転しながらも、
追い越し車線でGT-R全開!

その繰り返しに抜けない煽り野郎。

が、、


比布インターの料金所で追いつかれる。。。
相手は一般、こっちETCで又も有利。
で、超煽られた状態。
ルームミラーで後ろを見ると、
まさに鬼の形相だ。。怖えーーー。

もう、これはパーキングで譲ろうと
大雪パーキングに入ると何と相手もパーキングへ。。。
そしてパーキングに入り、広くなった途端・・・
なんと・・
パーキング内で追い越される。。

こりゃ、ただ事でない。

何か言われると思い覚悟を決める。

トランクには玄翁とバールはあるが、
室内に武器は無い。




相手が車から飛び降りた!




一触即発。



なんと相手は。。




ウンコしにいったようだ。。



途中で自動車道降りろよ。
全く・・
うんこ野郎だ。






で、午後からみっちり補助金説明会。
モリカケ問題のせいでどんどん手続きが面倒になる。
長期優良住宅関連で10年間37棟、約3700万円貰ったが
もうやめよっかな。。面倒くさすぎる。
悪いことをする奴のせいで、真面目な奴が損をする。
アネハときのように今度はレオとかのせいで
又きっと色々面倒になるんだろうな・・

眠い・・

まなこちゃんに超そっくりな、
向かいのおねいさんから素敵な香りがして
更に癒しの世界へ・・・






目が覚めたら翌日午前6時(笑)
という事で北見にまっすぐ帰らず寄り道。
三笠市にどうしても無くなる前に見たかったここへ。

三角屋根の長屋。

と。。。。ところが。

ボケ老人事件勃発!

ドローンにマイクロSDが、
挿入されていないではないか(泣)


モニターのipadに残っていた汚い画像でゴメンナサイ。



ついでにここに行く。
ここで、関西弁を話すおっちゃんと仲良くなる。
リュック一つで北海道一周中。
北見も行ってきたとさ。
基本鉄道マニアで、北見にある珍しいD51を見たんだと。



同じくバックアップで残っていた動画。



で、これもなんかの縁だし車に乗せて
三笠市内を一緒にグルグルと。
大阪城のすくそばの材木町に住んでる矢部さん72歳。
多分金持ちそうでしたから、
大阪に行ったら奢ってもらおう(笑)



で、師匠の店へ。
車の温度計は35度・・・
店内は恐らく40度は軽く超える。
あたり前の大大行列。
店に入るなり
「この暑いのに何しに来てるんだ。バカじゃないの。」
と、殺気立つシーンとした店内に
天からのお言葉。
どう見ても僕に言っているようだ・・・

今回は小銭もある。大丈夫だ。
前回無銭飲食をしているだけに、
もし2度もやらかせば、確実にフライパンの油をかけられる。
(リアルに一度やられた経験ある)

さて、自分の番が来た。
俺はお得意様だ
!他の連中とは違う、
俺様はお前ら平民と違い、何も注文しなくても
「塩の大盛500円」がカウンターに出てくるんだよ。
という優越感で食べる。
旨い、旨い、こんなに雰囲気が悪い店なのに、、旨すぎる。
こんな暑い日も普段と変わらない行列。
こんな雰囲気怖いのに。。。

ところが、そんな時。。

嫌な事考えついた。

「この前の無銭飲食の代金を払うべきか払わないべきか」

だって、
あれは絶対おばちゃんの
僕に対する優しさと思うんだよな。
たった500円されど500円。。
この殺気立った店内で
余計なことして雰囲気を乱したくない。
でも、しかし・・・、、
500円の借りを返すべきか。。


いつのまにかラーメンの味がしない。
後ろの待合席の行列は次々増えて外まで。。。


答えが出せない。。


食べ終わる。


よし!いいこと考えたぞ。


右手に500円
左手に1000円を持つ。


こういう時は得意の現場合わせだ。
そん時の雰囲気でどっちにでも対応できる
アト出しじゃんけん作戦で行くぞ。

何とでもなれ!
と席を立ち、、まずはジャブを

「ねえ、おばちゃん、どう?最近儲かってる?」

どうだ。俺様はお前ら平民と違い
このおばちゃんとタメ口がきけるんだ。


「しらん」

と小さい声で言い返すクソばばあ。。

「は?」
どうしてか思わず僕の口から変な言葉が出てしまいました。。


すかさず・・

「し ら ん !」

灼熱の40度の店内は一瞬でオホーツク流氷館。。

でも、俺様はここの常連だ。お前ら平民とは・・・
そんな事構わずに

「あのさー、俺この前ここで無線飲食したんだよね、でさ、、・・」



「し ら ん !!」

ということで右手の500円を置いて退散。

あー、今日も負け犬・・

きっと僕がウンコ野郎だ(笑)


師匠の殺気が以前より増している。
作ることに命を懸けているんだろうな。
それが伝わる。
あんな風に家を作れたらきっと
伝説の工務店になれるだろうな。
まだまだ修行が足りません。

因みに話は盛ってませんので。

今度からお客さんとの打ち合わせは
「しらん」だけで通そうと思った。



ということで。。

終了・・・









 

危ない安全大会。。

吉本騒動や3回生議員の秘書への暴言。
パワハラの話題がテレビを賑わす今日この頃。
要するに弱い者いじめだ。

弱い者いじめをする奴は弱い奴である
だから虚勢を張り、相手を威嚇しないと
自分の存在を相手に認めさせることが出来ない。

で、大体そういう輩は自分より立場や力が上の人には
へーこらへーこらする。
身近な北見の企業でも頻繁に耳にする弱い者いじめ。

みんなテープに録ってSNSで拡散するなり
監督署に訴えるなりして、そういう会社はぶっ潰そう。
これだけネット社会が定着して
証拠を拡散されるリスクを負いながらも
部下や社員を脅す輩、、、
頭が悪すぎて呆れます。





あの嵐(グループ)と同じ
1999年11月デビュー20年。
で、100棟目。
屋根合板を貼っています。



暑い暑い、、、現場は大変だよなぁ。




で、今日はエボの安全大会。
暑い夏を怪我無く乗り越えよう!

家は大工が6割程度作るけど
残りの4割はこの人たちが作ります。
ひとりでもインチキしたり手を抜けば
みんなの苦労も水の泡。
本当に優秀な下請けに恵まれて幸せです。

そういえば初めて知ったけど
下請けの人たちも毎日この日記を見ている人が多く
誰も読んでいないとマジに思っていただけに
ちょっとビックリした。



で、二次会。
この時点でもう記憶がうっすらと・・・



ひっかかった会社の人たち(謎)

「お金は働けば何とかなるけど、
応援してた気持ちを裏切られた心の傷は凄く深い」と
ひっかかったある社長の言葉が深かった。



で、優秀なゆとりの誕生会を兼ねてます。
自分の会社の創業祭で5000本焼鳥を焼いてた
食いしん坊専務も合流。


あーーん。。
こんな人たちがエボの家づくりを支えている。
皆さん不安にならないでくださいませ。

この後もなんか色々あったみたいだけど、
よく覚えていません。。




 

虎巣


長女の買った16年落ちの
新車の86より高い旧車(笑)
FD3S 6型。
なんでこんなポンコツを買ったかと言えば、
大好きな高橋啓介というのが乗っているから。
高橋啓介とはこんな人物(マニアは100回笑えます♪)

突如電話が来て、
「セルフのガソリンの入れ方がわからない」と。。
ということで全開ーーー!

おそっ。。
でも乗ってる感というか、
フィーリングは最高にいいわ。

ま、プロ的に気になったのは
リアのボディ剛性感は非常に良いのだが
フロントフレームの剛性感が足りない。
別にこんなもんかとも思うけど
少しステアリングのクイック感が無い。
古いからというより、
新車時からのこの車の弱点と思った。

ということでアレを勝手に発注。
おそらくこれで解決してさらにいい感じになるだろう。


まぁ、しかし貧乏長女がこんな車を買うの大変だ。
僕がこれを買うくらいの感じだろう。
2420万円・・・
こんな車、闇営業でもしないと買えない(笑)

若者の車離れが進みバスみたい車が流行る今日この頃。
価値観の違いだから誰も悪くないけど
なんか年寄りには少し寂しい。。

投資的に見ればこの2台の車は
大事に乗れば価値は下がらないから
(FDは上がると思う)
大切に乗りたいものだ。



現場。
屋根トラスが乗っかって家らしい形になりました。



トラスの屋根にすることで、
2階の間仕切りはフリーになります。
要するに子供も片付いて年寄り二人の家になり
1階だけで過ごすようになった時、
2階の間仕切りを全部取っ払って
生け花教室とか、鉄道ジオラマ場とか、
孫の遊び場とか、色々なアイディアが浮かびます。



一階。
玄関土間を広く取って、リビングと繋がっている
開放的なプランです。


上棟式ならこの時期になります。
創業20年100棟目のこのおうち。


ということで!

記念に餅まきを







いたしません(笑)




 


という事で、、、

ドローーーン♪
 

GT-Rで湯を沸かす♪

会見を見て思う。
仕事が切れれば何の保証もしないのに
「わが社の大工」と言う。
雇用契約交わしていないのに
「わが社の大工」と言う。
そんな嘘つき企業を信用できない彼らは
職人の横のつながりを大切にし、
仕事が切れたら直営業をして食つなぎ、
互いに助け合う。
企業が都合のいい時だけ雇用契約のない人を
「自分所有のモノ」ように言う時代は、
既に終わっています。
おそらくエボのお客様のように
「頭のいい」エンドユーザーは
そういう部分を「発注の判断材料」にしていると思う。

未だエンドユーザーの多くの人が
「大工はビルダーの社員」と思っている。
が、現実は社員化してる大工はほぼいない。

住宅の約60%を大工が作る。
残りの40%は水道、内装、基礎など外注先が作る。

「わが社の大工」と
「わが社の下請け大工」とでは
雲泥の差がある。

この現実を知ってください。



わが社の大工(笑)は、
基礎を作り、最後建具・家具まで作る。
だから60%ではなく70%は作っている非常に優秀な大工だ。

土曜の現場。
週40時間労働なので今日は大工は休み。



昨日で二階の床まで完了。
来週は天気が悪そうだ。。
ま、しゃーないけど。


で、無事完成したおうちの引き渡しを。
簡単におうちの説明をして、
今回からマイナーチェンジした
北海道大停電対策電気配線の非常時の実演を。

ブレーカを切り、停電状態にして
350W対応のインバーターを
GT-Rのシガライターに接続。
「オス-オス」の特注電気ケーブルで、
インバーターと建物に付いてる外部コンセントを接続する。
外部コンセントと給湯ボイラーとテレビ電源は
同じ線でつながっていて、
GT-Rのエンジンをかけ
インバーターのスイッチを入れると。。


停電でも普通にボイラーでお湯が沸かせます♪
電源を30A程度の発電機にして、
接続ケーブルを容量の多い線で建物と接続し、
ブレーカースイッチを適切にセッティングすれば
一階のほぼ全ての家電は停電時も使用可能になります。

真冬に大停電。

ボイラー使えて、薪ストーブ燃えて
「プロパンガス」コンロ使用できれば
なんも不自由ないでしょうね♪







 

完成お写真。


キッチンタイルの上に・・・


YOJO TAPEを貼ってみた。
ちょっとしたことだけど凄いかわいくなります。
テープはRevoに売ってます。


今日も2組ご案内。
で、昼頃きたお客さんと一緒に
近くの食堂へお昼を食べにいく。
中華の店なんだけど、
ほぼここで僕はカツカレーを食べます(笑)
建築中に工務店が夜逃げしたらどうなる?
とか、いろんな話をした。
奥さんの年が長女と同じだった。
あー、もう単なる面倒くさいジジイになった。



完成写真。
素敵に出来ましたー♪



おっさんがチェンソーで汗だくで加工した枕木階段。
夜になるとオレンジのマリンランプが点灯します。



リビング。
カップ&ソーサーやトレイやポットなど
写真に登場する雑貨は施主さんが、
Revoでお買い上げいただいた商品です。



おっさんが身を粉にして作ったキッチン。
抜群の収納力です。


大工の作ったダイニングテーブル。
Revoで提案したダイニングチェアーや
マッシュルームスツール


キラキラガラスタイルの洗面
アイアンタオル掛けは階段手摺柱と同じオニオン付き。


玄関。
奥はシューズクローク。


ロートアイアンの手すり柱り階段。
そしてかわいい引き戸のリビング扉。


新発売の白い薪ストーブ。
素敵ですねー。
明日で最終ご案内です。

素敵に出来た家ですが、
絶対どこよりも違うのは
「空気のおいしさ」
これは写真では伝わりません。
無垢の床も写真で見れば無垢なのか、
木目柄のビニールシートかわかんないですし・・・



テレビは深田さんのアレ。
お母様と実年齢で6歳しか離れていない(笑)




 

したみ。


敷地の小屋を解体したという事で
敷地の下見に。
広い。これはでっかくて高価な家が建ちそうだ。
高低差、付近の設備、道路との位置関係、山の位置・・
2時間以上汗だくで調査。


広大なオホーツクって感じ。


なんと。休み・・泣。



もう一ヵ所、来年建てる敷地の下見。
蚊だらけで、常備しているハッカスプレーで防御。
とてもじゃないが土地の測定不能で逃げ出す(笑)



エボ築12年。
屋根の塗り替えと壁のメンテを依頼され下見に。



一ヵ所ヒビ発見。
これを建てた当時は
「モルタルの家はヒビだらけになる」と
他社に揶揄されたものだ。
さすがに最近は言われない。
彼らは保身のためなら平気で嘘を言う。

エボ住宅の場合、大体10年経って点検して
見つけるヒビは0から多くて3か所。
ヒビの原因の大半はモルタルが悪いのではなく、
建物の骨格が歪むことで発生する。

だから建物の骨格の強度に自信のない
良い子はマネしない方がいいですよー

ま、ヒビは直すだけ。
もう同じところからヒビは入らないです。
そういう直し方をしています。

サイディングや倉庫鉄板の外壁は
10年後に何か起きても
モデルチェンジを繰り返し、
メーカーが同じモノを作っていないから
直したくても直しようが無いです・・



ということでドローーーン。





 

家なんて、どーでもいいわ。


築29年。
吹き抜けの照明をLEDのダウンライトに変更する。
結構簡単そうで簡単じゃない工事です。
天井の仕上げ材も変えなければいけないわけで、
モイス、ビニールクロス、羽目板
天井の仕上げを何にするかで話し合う。

年寄りだし、いつ死ぬかわかんないし
体に悪いとか関係ないし
大嫌いなビニールクロスに決定。
問題はエボにクロスのカタログ自体が無い(笑)

なので・・
「柄なんて生き死にに関係ないし
別にどーでも、なんでもいいよね」

との僕の問いに
「もーいつもそうなんだからー」と
嬉しそうなオーナーさん。
30年近く付き合っていればそんなもんだ。

いつも言ってくれる。
「本当に暖かいよ、この家は」
FFストーブ1台で40坪の家。

結局家なんて、丈夫で、暖かくて、
まぁ、最近なら体に優しい家なら、
あとはどーでもいい気がする(笑)




物置の屋根を葺いてます。
母屋とお揃いのシングル葺き。
今回から屋根の縁取りを板金仕様に変更。
どんどん立派にバージョンアップしてく物置(笑)
例え低い作業でもヘルメット着用して
作業をするあたりが一流ですね♪



今日も2組ご案内。
ま、結局家なんて暖かくて、、、以下同文。
そんな考えだと接客もどーでも良くなる(笑)



この住宅を公開中です!
こちらからご予約いただければ
喜んで対応いたします。
ちなみにフリーペーパーでの広告掲載による
見学イベントは行いません。
ここからのご予約以外は見学できませんので
お間違いのないように。

写真ではエボホームの良さは半分もわかりません。
空気感、居心地が全く違う事を是非体感しに来てください。






現場。
まっ平らな床を作業台として利用して
予め作業場で下ごしらえしてきた材料を組み
一階の壁を建て起こす。

最近の新築住宅事情。。
Q値だ、Ua値だ、ゼッ値だ、にやにやゼッ値だ、
長期優良住宅だ。。。
まぁ、語るわ、語るわ。。
なんぼキラキラに完成した家と図面を見せて語っても、
Realの現場で、図面通りの釘の打ち方
使用する金物、使用建材が
本当に規定通り使用されているかは別問題です。

現場に行かない経営者、
下請けをいじめまくり
大工を正規雇用しないビルダー
ま、どーでもいいか(笑)


テレビはアレ。
石原さとみちゃんが演技すれば、
どんなドラマも面白くなってしまうところが凄いですね。

僕もどんなお客さんが建てても
面白く建ててしまうところが得意ではありますが。。。









 


業務連絡。
合板が混じっていない薪用の廃材あります。
あと3袋です。
取りに来てください。
よろしくお願いします。



東京で買って来たもの。
カエル♪


カエル色のルクルーゼ(笑)。


野田琺瑯新作鍋。

何故か緑の物が多い(笑)




物置設置。
丁度頭上に電線があって
トラックから降ろすのに悪戦苦闘。
無事着地。



 

軽話居


すみません。
僕があんまり重たいものだから、
おかんがお店に連れて行くことで腰を悪くしました。
ま、大した仕事したくないから
僕自身はラッキーだけどね(笑)
こんどはいつ連れて行ってくれるのかなぁ・・




築28年。
二度目の塗り替え工事。
一度建てると何度も僕にお金を支払わなければ
ならない素敵なシステムです(笑)
悪天候に阻まれ、あと少しのところで中断してます。


完成間近。
舗装工事をしています。
舗装が固まって物置を設置すれば外部完成!


本日も何組かご案内。
建て主様にお買い上げ頂いた雑貨を納品とか
取り付けとか。


カフェカーテン、椅子、時計、カゴ、のれんなど色々



薪ストーブの試運転。
白いストーブ。
エレガントに燃えてます。

暑い(笑)


この住宅を公開中です!
こちらからご予約いただければ
喜んで対応いたします。
ちなみにフリーペーパーでの広告掲載による
見学イベントは行いません。
ここからのご予約以外は見学できませんので
お間違いのないように。

写真ではエボホームの良さは半分もわかりません。
空気感、居心地が全く違う事を是非体感しに来てください。



夕飯はいつも混んでるあそこ。
いや、ここは何を食べてもホント旨いわ♪

帰りがけ、会計をしていると
ゆとり世代くらいの
にーちゃんが、お店に入ってきて
「6人なんですけど大丈夫ですか?」と。
激混みの店内、並んでるお客さん。
激忙しそうな店員さんたち。
見れば雰囲気でわかる。。
「小上がり、椅子の席どちらでも良いですか?」
の店員さんの問いに・・・・
何も言わずおもむろに携帯を出して
駐車場で待っていると思われる
他の5人に電話をし始める・・・

出ない電話。。沈黙が続く・・・




「どっちでも、いーーーーだろーが!」





と、







心で叫ぶ(笑)







もし自分の息子ならボッコボコに








しません(笑)

毎日触れるから。


現場。
土台敷き。


土台は基礎とボルトで緊結され
家の全荷重を支える重要なパーツ。
エボホームでは本州から
わさわざ取り寄せた桧土台を使用している。
桧はで薬剤による防腐処理の必要はない。
床下の空気も安心だ。
一般的に使用している「米栂(ベイツガ)土台」は
薬剤処理が施されていていることと
材質そのものが柔らかく土台に向いていない木材だ。
では、なぜ米栂を土台にかというと答えは簡単。
柔らかい木じゃないと薬剤注入処理が出来ないからだ。

その薬剤が床下で漂うならまだしも、
最近の基礎断熱工法では、
床下の空気を室内に取り込む仕組みになっている。
そんな家が大半の現実・・・大丈夫か。。



出来上がった現場に
ご予約いただいたお客様をご案内。
見学に来たどのお客様も
「わーかわいー」って最低10回は言います(笑)

ドア取っ手とかそう言う
「毎日手で触れるモノ」だからこそ
こだわりたいものですね。




食器棚ツマミ


スイッチプレート


キッチン扉ツマミなど・・
特に女性はこういうパーツで毎日テンションが上がります。



この住宅を公開中です!
こちらからご予約いただければ
喜んで対応いたします。
ちなみにフリーペーパーでの広告掲載による
見学イベントは行いません。
ここからのご予約以外は見学できませんので
お間違いのないように。

写真ではエボホームの良さは半分もわかりません。
空気感、居心地が全く違う事を是非体感しに来てください。
少し予約が埋まってきました。





 

気密測定。


赤いポスト取り付けた。
なかなか、かわいー♪


色々点検。
床下や屋根裏や色々。



気密測定。


C値0.4 充填断熱、室内側からの気密施工の
数値としてはかなり優秀な数値だ。



この住宅を条件付きではありますが
見学することが出来ます。
こちらからご予約いただければ
喜んで対応いたします。
ちなみにフリーペーパーでの広告掲載による
見学イベントは行いません。
ここからのご予約以外は見学できませんので
お間違いのないように。

写真ではエボホームの良さは半分もわかりません。
空気感、居心地が全く違う事を是非体感しに来てください。
少し予約が埋まってきました。



スタート浅草橋、ゴール浅草橋。

4日~9日まで色々と用事を足しに色々行ってきた。
書ききれないので何となくメモしておきます。


4日18時浅草橋到着。


新宿で待ち合わせをして、
エボほんを作った渡辺カメラマンと
不動産屋さんなら全国誰もが知っているねーさんと、
エボほん記念宴会をする。



で、ナベさんが最近作った写真集を貰う。


なんと。。
年齢をググってビビる(笑)




早朝から千葉へ。
大型パネル「無垢材バージョン」の組み立てを見に行く。
電線とか、道狭いとか。。。もう大変。
300人も全国からモノ好きが集まった。
クレーンは電線を交わすため途中で折れる、
ピタゴラスクレーン。。すげー


で、宴会。
何故かガイヤやセブンルールに出た有名ねーちゃんも登場。
昔、建築雑誌出版社にいた関係で来た。
10年以上ぶりの再会。。懐かしかった。
その他、今日の現場の設計施工の田中工務店、
カリスマ田中社長、日経BP、ハゲ、建築家、色々。
ま、たまには宴会もいいか。


で、人気のランチを食べるため早朝の新幹線で長野。
ランチのお店はここの工務店が経営してるんだ。



この工務店は超人気らしい。
今日も商談予約でびっしり。



敷地内のカフェ。
が、11時30分オープンなのに
15分前で行列。。諦めた。


という事で、現場やモデルハウスを見せてもらう。
汁の香りが漂う室内(謎)



で、もの凄い車通りの交差点で
怪しい看板を発見。



嫌がる本人を無視し、
看板の前で本人と撮影。
僕の後ろは渋滞の車列。
恥ずかしいのなんの(笑)

詳しくは本人のブログで(笑)





で、今日も早朝に野沢へ・・
昭和20年生まれ。74歳の応援に。
今回は調子悪かったが、前回の全国大会では7位という・・・


じいさんの走りと、この日最速だった選手の走り。
ま、74歳でこれを出来る人はそういない。
全部のコーナーでブレーキとアクセル踏み間違ってるよ(笑)



で、毎日6時起き。早朝より松本へ。
見たかった松本城。
内装も当時のままで、
大阪城のように中身がコンクリートビルじゃない。
天守に上がる階段も、非常にきつく危険。
年取ればもう上には行けません。




そして、日本最古の小学校。
何とも不思議なデザインだった。



内部の色使いが・・・



完成した今回のおうちと似てました(笑)



で、オーダーキッチンもこなす雑貨屋さん。



外構工事も得意とのこと。
物置の可愛さに、創作意欲湧くわー。




長野県はディープです。
ちょっと田舎道を走ると、
日本昔話の世界です。


で、、、
今日も早朝の新幹線で東京に戻り
庭である浅草橋へ。


バック、ルクルーゼ、野田琺瑯、など買いあさる。

さすがに疲労してきたので、
17時45分の飛行機だけと1時間半前に羽田に行き
足つぼマッサージを受けようとするも・・・・
予約でいっぱい・・・

毎日朝から晩まで動き回り力尽きた・・



















あと少し。。


本日も早朝から苦労様です。
外構工事も着々と進んでます。


住宅は95%完成しました。
あとは点検作業や試運転、床の塗装工事
雑貨やポストや時計などの取り付けなど
僕の仕事が満載です。



明るいダイニング。
テーブルは大工が製作。



2階ホールランドリースペース。
ここが一番乾きます。
手前のカウンターで、たたんだりアイロン掛けたり。


この住宅を条件付きではありますが
見学することが出来ます。
こちらからご予約いただければ
喜んで対応いたします。
ちなみにフリーペーパーでの広告掲載による
見学イベントは行いません。
ここからのご予約以外は見学できませんので
お間違いのないように。

写真ではエボホームの良さは半分もわかりません。
空気感、居心地が全く違う事を是非体感しに来てください。
少し予約が埋まってきました。


 

誰もやってくれないし・・・


早朝より外構工事。
チェンソーと枕木と格闘。
なんか蒸し暑い。


12時に銀行に集合し、夢実現のために
借家だった住宅を1棟手放した代金の集金に。
不動産屋さんによると販売募集をかけて
いきなり購入希望者が多く、
凄い倍率だったらしい。
耐震補強、断熱改修、劣化対策等々
本格的にエボでリホームした住宅だから
まだまだずっと丈夫に暖かく住めます。
大切に使ってください。

頂いたお金は右から左へ(笑)



午後からも枕木と格闘。
階段完成♪
こういう仕事はやる人がいないから
僕がやるしかない。。


マリン型の自動点灯照明を埋め込んだ。
足元が明るいだけではなく、
かわいいエントランスになります。






 

あーあ・・・


興味深いサッシ。
国内のサッシと違い、
形状的に壁厚の中間に取り付けできる。
要するに外国の家のように
外壁より引っ込めて窓が付く。
本来こっちが正解と昔から思っている。

ガラスは日本製
金具はドイツ製
本体はロシア製
非常にいい。

欠点は重そうだという事と
アフターサービスをどうするかだ。


このごつい断面。
ガラスも4ミリ厚が3枚のトリプル。
日本の場合、例えばリクシルのトリプルなら
3ミリ2枚と真ん中のガラスは
サランラップみたいに薄ーーいガラスです。

正直、日本のサッシにうんざりしています。


どこもここも大した変わんない護送船団なチープさ。
このサッシの他にもう一つ候補があり、
そろそろ変え時と思ってる。



長女が車を買った。
明日が納車日らしく・・・
車屋にコッソリ行って内緒で全開試運転。

気持ち良くて
この歌が・・・出てきた。

凄くいい車だ。
凄く曲がる。
凄く止まる。
これがドノーマルとは、、、
マツダ。やるななぁ。
ていうかこれを買う長女のバカさが呆れまくる。。



築28年
僕が30歳くらいの時に建てた。
二度目の塗り替え工事を行う。
あとは室内も少し色々。
長い付き合いに感謝です。


デビューしたての時から大好きで・・・
あーあ。ついにこの日が・・・泣。。

先月の次女の結婚式で
お金かかりすぎたのもショックだったけど・・

そんなもんじゃないショック。



やけ酒に、
高ーーいウィスキーを買ってきて飲んだ。




 


エボホームオオヒラ有限会社
エボホームオオヒラ有限会社
〒099-1587 北見市豊地22番地23
Tel 0157-66-1110 fax 0157-66-1120
北見市ホームページ制作 スキッパーズ